インディゴの入荷とインディゴの取り扱い注意

今年のインディゴは、例年通りのまずまずの出来です。

インディゴの発色は「酸化重合」での発色なのはご存知と思いますが

「作り置き」は可能か?と言う質問をよくされます。

そこで実際インディゴをお湯でといてから

「直後」「1時間半後」「2時間半後」「4時間後」「6時間後」「24時間後」「48時間後」

各毛束はインディゴを塗ってから30分自然放置で流しました

見てわかる通り

1時間半後が一番濃く入り、次にタッチの差で作った直後に塗布したインディゴが濃く入っています。

 

インディゴは2時間くらいまでは作り置きがききますが、3時間4時間と時間が経つにつれ

髪での発色が悪くなります。

インディゴは髪に塗る直前から1時間前くらいに作ったものを使いましょう。

前日に作ったものが余ったからと言って、それを使ったところで「色は入りませんのであしからず」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA