Lienのヘナのふるさとはインド ラジャスタン州 ソジャット

ソジャットは

漫画ワンピースのアラバスタ王国のモデルになったことや

メヘラーンガル砦などで有名な

ジョードプルから車を走らせること数時間の場所がヘナの一大産地ソジャト

日本で「魚沼産」と言えば「おいしいお米!」と大体の日本人が連想するように

インドで「ソジャット産」と言えば「品質の高いヘナ!」と誰もが知るヘナの産地

ソジャットの厳しい自然に鍛えられたヘナだからこそ インドでも一目置かれる

高品質のヘナが育つのです

あまりにも厳しい自然環境のため ソジャットでは「ヘナ」以外の植物はなかなか育ちません

そのような環境ですので 害虫もほとんどいないため

殺虫剤や 除草剤等の 農薬は一切使わず栽培されています すべてが無農薬です

インドのヘナは国が管理しているため

ソジャットのすべてのヘナは 一度大きな市場に集められそこでセリにかけられ市場に出ます

ヘナの品質は この時のセリにかかっています

ヘナのセリを専門にする人がここにはいます

KEO社のヘナはこの「サン」さんに任せています

彼はよいヘナを見分ける確かな目と 広い人脈を持っています

KEO社は彼に絶大な信頼を寄せています

右の白い洋服の方が「サン」さんです

「サン」さんの目で厳しくチェックされ買い付けられたヘナは一路 デリー郊外の

KEO社へ運ばれそこで製品へと加工されます

KEO社

せっかく「サン」さんが厳選してくれた極上のヘナも

どのように製品化するかで品質が大きく変わります

KEO社の社長サニーさんは日本で製粉技術などの一連のプロセスを勉強し

ジャパンクオリティーをインドで実現しています

そして一路日本へ!

 

続いてインディゴ

 

インディゴは同じインドでも南インド

ベンガル湾を望むチェンナイ(マドラス)から車を半日ほど走らせて 着く 田舎の村で栽培されています

インディゴで髪の毛を染めるということは今までされておらず(インドでも日本でもたぶん世界中で)

それを始めたのがKEO社です

そして忘れてならないのが

KEO社の創立に深くかかわった日本のヘナの第一人者「小林」さんと言う方の功績です

小林さんは

インディゴ染めの技術をインドで確立し それをKEO社と共同で

日本に導入したのがインディゴで髪の毛を染める始まりです

 

今 当たり前になっているヘナとインディゴで染めるということが 今あるのは

インディゴの生産から収穫 乾燥 製品化に至るすべてのプロセスを一人で開拓した

「小林」さんの血もにじむような努力により確立したものなのです

これは インディゴの乾燥風景です

ヘナはもちろんのこと

インディゴに関しては特に 日本に初めて輸入したパイオニアです

そんな小林さんとKEO社の製品をLienは取り扱っています

Lienのインディゴを是非一度お試しください