インディゴでの髪の毛の染毛の歴史は意外と浅いことをご存知でしょうか?

布地などを染める事はあっても

髪の毛を染めるということは今までありませんでした

しかし今は ヘナと同じようにインディゴによる髪への染色は一般的になりつつあります

しかし

いまだに インディゴでの髪の毛への染毛は手探りの状態です

そこで ここでは インディゴで髪の毛を染める際に(ヘナとインディゴを混ぜたものを使っても考えは一緒です)

最低 押さえておいてもらいたい インディゴの特徴をお伝えします

*インディゴは 染め方や乾かし方により「インディゴブルーにも赤紫にもなる」

インディゴは酸化染料!です

酸化して発色するので 染めた直後と 時間が経ってからでは色が違います

染めた直後は グリーンですが 時間が経つと 深い青になります

 

上の写真はインディゴで染めてすぐの状態(淡いきれいなグリーンです)

4つ毛束が付いている白い紙が4つあります

一番左の白い紙についている毛束は10分

その隣の白い紙に取り付けられている毛束は20分

その隣は30分 そしてその隣が60分インディゴに漬けてから洗い流したものです

 

上の写真ではサランラップを巻かれたものがついていたりしますが

何かというと

10分チームから60分の各毛束それぞれ

乾かすタイミングをずらしています

白い紙に貼りつけられている毛束の

一番左から順に「すぐ乾かしたもの」「30分乾かぬようラップで包み30分後に乾かしたもの」

「60分後に乾かしたもの」「120分後に乾かしたもの」と言う具合に4つに分かれています

それらを4時間半後に撮影したもの

初めとだいぶ色が違っているのがお分かりと思います

そして

各 白い紙についている毛束の色が すべて一番左の物が極端に色が違うのがお判りでしょうか?

どうしてこの差が生まれたかと言いますと

インディゴを流してから すぐに乾かすか 乾かさないかでこのような差が生まれます

 

そして この数時間後に

4つの白い紙に貼りつけられた 4つの毛束の一つずつを 二つに分け(厚紙に貼られている4つの毛束が8つになる)

片方は乾いたまま

もう片方は もう一度スプレイヤーで濡らし 自然乾燥をさせてみました

そして翌日

各厚紙の8つの毛束が色の違うのがお判りでしょうか

染める時間と乾かすタイミング等で色がかなり変わるということがお分かりですね

インディゴブルーを出したいのか

赤紫を出したいのか

染め方次第で色の選択肢が広がります  が この特徴を知っておかないと

思った色が出せませんよね・・・。

インディゴは すべてインディゴブルーに染まると思ったら大間違い

と言う お話でした